ガン予防になるか? 機能性三ケ日みかん

b0097365_16231847.jpg

三ケ日みかんがガンの予防になるかどうか?
果実成分の中にあるβークリプトキサンチンが、その予防に効果があるとの発表が少し前にあったそうな。あくまでもネズミでの臨床だけど。

全ての生き物はリンクしていると仮定すると、今頃、秋になると植物の果実は熟して来る。植物が無駄をする訳が無いのだから何故果実、、、野性の物でもそれなりに食べれる位に甘くなるのかは、、、、。

鳥に食べてもらって「種」を遠くに運ばせるコストとして果肉を作ったかもしれないが、その果肉を食べて損なことは無いだろう。

秋の色付いた果物は、カロチン色素がいっぱいだからその点でも食べる価値がある。

そして、生きている果実を摂取する事は、その活性度が違うはずである。

まだ、薬が乏しい時代に、みかんを沢山食べて手のひらが黄色くなるまで食べると風邪をひかないということが、当たり前のようにしていたけど、、、確かに相対的に悪い話しは聞かないので、やはりみかんを冬の来る前に摂取することはそれなりの価値があるのだろう。

と言う訳で、今年の三ケ日みかんは、とても美味しく仕上がりました。

どんどん、ギフトみかんとして全国に贈ってね。

こちらで、送れますから。三ケ日みかんまで。
よろしくね。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-11-16 16:42
<< 「奇跡のみかん」が出来るか? みかんのギフト販売の季節 >>