みかん園の草刈り

「日本の秋」。そんな一日だった。

みかん園の草刈りをした。夏草が伸び放題になっていたので「草刈り機」で、草をバッさ、バッさと刈ってきた。夏に一度草を刈っているのだけど、伸びる伸びる、本当に良く草は伸びる。

でも、これで「秋」に発生する「腐敗病」も、この刈った草のお陰で発生する事はないであろう。つまり、土壌に潜伏している「禁」が、秋雨によって跳ね上がりそれが果実に付着する事で「腐敗病」が感染するから

今日の日みたいに乾燥していると、からって乾いて良い敷き草になる。

そして、その刈った草の香りがあたり一面広がり、その香りが作業をする者を癒してくれる。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-29 02:07
<< 三ケ日みかんの今の様子。 秋雨に濡れる三ケ日みかん >>