タグ:改良 ( 1 ) タグの人気記事

園芸的「土作り」

「土作り」と言うと、、なにか土が良くなれば作物もそれに比例して良くなると思ってしまうのであるが、現実はそんな理想的な土作りは出来ないしコストの面でも無理だ。

園芸の様に一つの鉢という狭い体積のなかでは、ある程度周りの総合的な環境に適合した土作りをしなければ作物は上手くは育たないだろうが。

が、みかん園では、その立地条件により多くの要因がそれで決定づけられてしまうのである。だから無理な土壌改良を行っても結果が伴わないと言う事が多々である。

現実は、コストを考慮しながら少しずつ土壌改良を進めるべきで、いまの冬期に於ける「堆肥」の畑への搬入はそれに当たる。

年間のみかんが必要とする栄養分がみかんの木に消費されればそれで言い訳なので、肥料を一番効率よく吸い上げれる新根が発根し易い手度に根焼けをおこさない熟した堆肥を根元に散布すればそれでいい。

その少しずつの栽培管理が安定したみかん作りを支える。

因に蛸壺の様にして深く有機物を施肥すると水はけの悪い畑では、梅雨開けの頃から有機物が腐敗して根を腐らせるので止めた方が賢明である。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2009-01-28 17:21 | 堆肥