タグ:三ケ日 ( 9 ) タグの人気記事

2008年度みかん栽培の問題点。

2008年度のみかんは、天候に恵まれて最高の果実品質が確保されたが、その量的な少なさが問題となった。これ程の果実が成らない裏年は、ご年配の方に聞いても初めてという事で、やはり地球環境の変動が少しずつ人間には感じられない所をみかんが代弁しているのだろうか。

そこで、なんともこの隔年結果を短期で修正する方法として、みかんの花が分化する低温の積算が積もるまでに、つまり今から12月から剪定をして来年の花芽を少なくする方法である。簡単に「ジベレリン処理」をすれば良いのだけどコストの面で、今のご時世辛い所がある。これほど重要なみかん産業の隔年問題に、この薬品に少しでも政策的な観点から補助金が出れば農政も少しは評価出来るが、何をしているのか何も見えない。

それだけ、みかん産業にとっては、このみかんの隔年結果の是正が急務であるのに、何の動きもない。

このまま行けば、来年は景気動向に因るがみかんの市場価格は、大暴落する可能性が眼に見えている。

そして、次の年は、今年同様の裏年になり経費負けしてしまう結果が予想出来る。

これを逆手にとって、来年を裏年にする方法を選択した方が、ある種賢明な栽培方法になるかもしれないが、それでも経済作物としは不安定な栽培方法になるだろう。

以前は、安定して毎年平均的になっていたみかんが、これだけ隔年結果の影響を受けているのに、その対策が余り議論されていない事に一抹の不安を感じる。

とりあえず自分で、経費のかからない隔年防止策をやってみよう。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2008-12-15 14:46 | 三ヶ日みかん

みかんのギフト販売の季節

今年の「三ケ日みかん」は、本当に美味しい。

是非、ギフトに地元のミカンを贈りましょう。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-11-07 02:58

これも、三ケ日の花だ。

b0097365_1232643.jpg
この花は、綺麗だろうか。いな、綺麗だ。

秋になると三ケ日町でも田んぼの傍に一杯咲いて来る。

道ばただから、踏まれても踏まれても、それでも「秋」になると子孫を残すために立派な花を咲かせて来る。

秋雨に濡れなている様は、とても綺麗で独特の世界を作り挙げている。

こんな素敵な花も、農作業に邪魔なら除草剤で枯らしてしまう。みかんを優先的に管理栽培しないと良いみかんは出来ないから。個人的に色々やってみたのだが、みかんと共生する植物は、非常に少なく「南半球」の一部植物ぐらいだ。そして、その管理とみかんの管理とを上手くやらなければならないので、、、、結局、除草をして管理してしまう。これが現状です。

環境。浜名湖の環境には,非常に悪い事をしている側面があることを意識している。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-10-03 01:32

9月、静岡県浜松市三ケ日町のみかん畑の、「今」。

b0097365_2165492.jpg

静岡県浜松市三ケ日町のみかん畑です。

8月が過ぎ、残暑が厳しかったけど9月になり少しずつ「秋」が近寄っている様な日々が続いています。

今年の三ケ日みかんは、平年に較べて10程生育が遅れている様な気がします。

写真でもお分かりだと思いますが、みかんのサイズが小玉傾向です。

まあ、その方がみかんは「美味しいみかん」になるのですが。

ここ、外には9月の雨が降っています。

この長雨で、このみかんの果実のサイズがどれだけ伸びるかが、今後の注目でしょうか。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-12 21:14

三ケ日ぶどうに色が来る。

b0097365_231166.jpg

三ヶ日みかんで、この「ボルドー液」は、潰瘍病が発生した時,予防じゃ遅いのですが,翌年に予防として散布すれば効果はあります。

三ヶ日ぶどうで、散布した結果です。
このように,少し白班が着いてしまうので見た目に感じが良く無いかもしれませんけど,安全性を考慮すればこの単純な農薬が一番安全でしょう。ただ,この中に「殺虫剤」を混用すればその限りでは在りませんけど。

ここの葡萄園では,ボルドー液には「殺虫剤」を混用していません。

そのために,害虫が枝を枯らしてしまうのが欠点でしょうか。

そろそろ、三ヶ日ぶどうの果実も着色期になってきました。

こうして見ると、ぶどうの美しさは、、、、
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-08-04 23:11

みかんの梅雨時の消毒

b0097365_22102635.jpg

今日は、晴天の風が吹きみかんの消毒には最適な日になりました。

でも、ちょっと温度が高すぎる様で、防除服の中の体は汗だらけの状態です。

これに、防毒マスクを顔に着けての作業です。

今回の消毒をやらないと、みかんの果実に黒いぶつぶつの斑点が出る「黒点病」が出ます。この病気は雨の多き季節のこの時期に多発します。で、病巣は、新しい枯れ枝に多くいて胞子を飛ばします。

きちんと定期防除をしていれば、ほぼ病気を抑える事が出来るのですが、、、もしこの防除をしなければ、秋の収穫時期に”がっかり”します。そう果実に黒いぶつぶつの斑点がいたるところに、、、。

これでは、商品価値が「ゼロ」になってしまいますから、この暑い時期にも定期的に農薬使用の防除をするのです。

だれも、みかん栽培においてこの「みかんの消毒」はやりたくないのですが、みかんは、経済果樹ですから無農薬栽培は、、、難しいでしょう。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-06-19 22:22

三ケ日みかんの今

b0097365_2355288.jpg

毎日、毎日雨が降る日が続き、みかんの消毒が出来ず、天を見る日が続く。

三ケ日のみかんも、多分九州や四国のみかん産地でも一緒だと思うのだが、そんなにみかんの果実肥大は進んでいないはずだろう。

とにかく今年は、日照が少ない。

雨が多ければ、みかんの果実肥大も進むと思う人もいるんだろうが、それだけでは、みかんの果実肥大は行われない。

そう、もっと光を!
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-06-18 23:17

三ケ日みかんの今の状況を。

b0097365_1203876.jpg

ここ数日の晴天で、みかんの木の枝葉はかなりの緑化を見せ始めている。

農薬散布の時に、葉面散布として加用した「マグネシウム」が、少しは効いているのかもしれない。雨の多い日本は、「マグネシウム」の流失が多い。

今年のみかんの木を見ていて思う事は、みかんの木に「アブラムシ」が居ない事である。平年ならば、新葉に少しならず居たもんだけど。今年は、みかんの木が綺麗だ。

期待出来るかな? 今年の、三ケ日みかん。

こうして、みかんの木を見ていても、緑の濃淡だけだけど綺麗でしょう。

庭に、みかんの木もまんざら悪くは無いかな。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-06-07 01:29

三ケ日葡萄の花

三ケ日みかんのWebサイト
これが、三ケ日の葡萄の花ですか。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-06-06 03:27