<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

秋の病害虫と秋の天気

10月に入り天気が芳しくない。浜名湖湖畔の三ヶ日町でも晴れの日が少なく、どんよりとした天気が続いている。

前回の鶏糞の効果は、見た目にはみかんの樹勢がかなり改善されたと言う事である。色々な実験のためにかなり衰弱してしまったみかんの木もこれで何とか助かるだろう。

みかんの木は、致命的なダメージを受けない限り大量の施肥で数年で回復出来るから、今年の秋の鶏糞は、来年の新芽に役立つだろう。そうして、みかんの葉数が増えていけば、下の根も同様に増えて多くの果実を成らせてもそれに耐えうる樹勢になるだろう。

さて、もう前回の防除からそのまま秋の防除をしていない。だから、この雨に因って少しずつ「黒点病」が出始めている。

みかんの主要病である「黒点病」は、どうしても間隔をおいて農薬を散布しないと防げない厄介な病気である。

しかし、それが人体に害を及ぼす訳ではないので、このまま収穫まで「農薬」の散布をしなければ、3ヶ月以上は「農薬」に触れない事になる。

たとえ白く「農薬」が残っていたとしても、ほとんどそんな事はないけど、白く見えるのは「鉱物」であり、「農薬」の成分を効果的に使うためのもので、主成分は、とっくに分解、流失してみかんの果実には残留してはいないだろう。

この「3ヶ月以上」の「農薬」無散布は、例年やっているので、そばかすみかんと言われて辛い面もあるけど、皮さらみかんを食べれるという事で本来の味覚を味わえる。

一応、12月中旬頃から、ある意味(完熟みかん)なんだけど、仕事の関係上、例年そうなっている。もし、興味のある人は、12月中旬頃に、こちらに遊びに来てみて下さい。ただし、ある時と無い時があります。

それが、他のみかんと何が違うかと言っても、ほとんど変わりは無いと思います。

そばかすが多いのが、ただ目につくだけだろうと。

味は、完熟なので、この点だけが救われますけど。みかん狩りが始まる。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2007-10-14 15:20