<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

畑の雑草を刈る。

雨の日が続き、消毒などの作業は出来ないのでみかん畑の草を刈る。春先の除草剤処理により園地に雑草の少ない、殆ど無い園地には、草を刈る必要性はほどんど無いのだけど、草生栽培実験をしている園地では、半月に一度以上のペースで草を刈らなければならない。

ですから、もうギブアップ。

ある種の草、南半球にある植物なら自然と6月頃に枯れてみかんにとってはメリットが多く、肥料を奪い合うと言う競合はないので、ほとんどの草生栽培hは、その植物に限られるであろう。

最も重要な点は、その草には「スリップス」が棲み着かないだろうという点だ。確信は無いので、来年、顕微鏡か大きなルーペで定期的な観察をしよう。

他の植物、自然と生えて来る従来の雑草には、多くの「スリップス」の好む種類があるから、どうしてもその園地には、「スリップス」が多発する。この多発と言うのは、天文学的数字であり、数万単位では無いということだ。

今年は、どのみかん園の防風樹の「マキ」を見れば、その新芽が縮れて食害を受けた形跡が何処にでも見受けられる。いや、ほとんどの園地で。

これは、初期の防除農薬の効果にも疑問が出て来たと言う事だろう。抵抗性のある「スリップス」が町内の園地全体に広がっていることが予想される。

もちろん、農薬をケチって防風樹に散布しない生産者もいる様だけど、どの園地にもその食害の形跡があると言う事は、やはり防除農薬の見直しが早急に求められるのではなかろうか。

一回の防除作業の、費用対効果を考査すれば、生産者にアンケート調査を行うべきだろう。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2007-07-12 11:06 | 草生栽培

化学肥料の効果

今日、再び「硫安」を散布する。

この時期に窒素成分をみかんの木に与えることの問題はあるのだろうか。

今年の大量の果実を適正な果実数にするために、今現在、摘果作業を毎日おこなっているのであるが、とても取りきれない状態で、なお且つその作業に効果はでるのだろうか。どうも果実肥大が遅いように見受けられる。

ならば、再び大量の窒素成分を与えて、最後間に合うかどうか分からない時期にみかんの木に与えてみた。これで、生理落下が起こらなくても果実の肥大にはプラス効果がでるだろう。

近年、温暖化の問題である炭酸ガスが多くなって来ているなら、余計に窒素成分を与えて樹体の疲労を防がねばならない。もし適正な温度と水があれば、この炭酸ガスの上昇を逆手に取って夏場に多くの窒素を与えて、光合成スピードが加速させ多くの糖分を生産させたほうが合理的だろうか。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2007-07-10 15:34

化学肥料

昨日、みかんの木に化学肥料である「硫安」を施肥しました。

今年は、みかんの大豊作なので、どうしても沢山の果実がなってしまい、品質の点で問題がある「小玉果実」が大量生産されるので、少しでも果実を大きくするために即効性のある「化学肥料」である「硫安」を使用しました。

窒素分は、ここ7月までが散布の限界なので、強めに散布して果実の生理落下を誘発することにも使用しています。

この点、有機肥料では、効果が緩慢なので、秋の高温多雨によるブクブク果実の要因にもなりますので、春先までが散布の限界でしょうか。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2007-07-03 03:20 | 三ヶ日みかん