<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みかん園の草刈り

「日本の秋」。そんな一日だった。

みかん園の草刈りをした。夏草が伸び放題になっていたので「草刈り機」で、草をバッさ、バッさと刈ってきた。夏に一度草を刈っているのだけど、伸びる伸びる、本当に良く草は伸びる。

でも、これで「秋」に発生する「腐敗病」も、この刈った草のお陰で発生する事はないであろう。つまり、土壌に潜伏している「禁」が、秋雨によって跳ね上がりそれが果実に付着する事で「腐敗病」が感染するから

今日の日みたいに乾燥していると、からって乾いて良い敷き草になる。

そして、その刈った草の香りがあたり一面広がり、その香りが作業をする者を癒してくれる。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-29 02:07

秋雨に濡れる三ケ日みかん

三ケ日に雨が降る。

降る。

浜名湖に雨が降る。

昨日、みかんにかけた「農薬」がこの雨によって何れだけ流されるのだろうか。

あまり「農薬」は、みかんに散布したくはないんだが、この時期に降る「秋雨」が思った以上に降雨量があるので、特に「黒点病」が発生し易いので、この時期に「農薬」を散布して「黒点病」を予防するしかない。

で、結論から言えば、この時期のみかん防除に使う「農薬」の安全性については、みかんに関しては問題ない。

特に、みかんは「皮」を剥いて食べる果実だから、、、。

それより、みかんは、「健康食品」だからその機能面を重視して、冬の前にビタミン豊富なみかんを沢山食べた方が「健康」にいい。

僕は、そうしている。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-26 21:29

健康なメグみかんに消毒をかける

b0097365_14434612.jpg

可愛いメグみかんに消毒をかける。

1本ずつみかんに「名前」を付けている農家は、、、?

9月下旬になり、ここまで綺麗にしてきたみかんを、今回の9月終わりの防除を怠れば、必ずみかんの果実に黒い点が出て来る。所謂、「黒点病」だ。

そして、もう一つ「スリップス」がある。

みかんの果実の真ん中辺を食概して、細かな傷を残して行く。

ともに、被害を受けると「商品」としての価値が、、、ダウンするので、此所まで来たら今回の防除を抜かす事は出来ないだろう。

散布した直後では、農薬の濃度は高いのですが、以後急激に下がってしまうので「安全性の問題」はありません。一番被爆しているのは、僕らですから。元気です。

みかんは、健康食品として、女性にも男性にも共に美容のためにも、これから冬を迎える季節に、三ケ日みかんを沢山食べましょう。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-23 14:54

みかんを作り続ける。

みかん。
<継続は、力なり。>

こんな重いタイトルをみて、、、みかん農家のブログだと思たら愛邸関係の方で。

続ける、続ける、続ける。

果たして、意味があるのだろうか?

そんな事を、みかん農家も、、、

ず〜 ず〜 ず〜と、思って「みかん」の世話をしています。

こっちは、「ガッポ」、「ガッポ」の世界ではありません。

「台風」が直撃すれば、一年作りが「パー」になります。

いつも、秋になると胃が胃が、、、。

それでも、みかん山から「空」みやげて、、、「あなた」の様な方が、、、

多分、お若いと思います。

ものすごく、羨ましいかな?

「若い時間」、、、
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-22 21:28

三ケ日みかんの秋の害虫防除


今日は、みかんの9月防除をしてきました。

天気は、それほど暑く無く曇天だったので消毒作業は楽でした。湿度が無いために、農薬を散布してからすぐに農薬が乾くので、防除の点からは最高の日でした。

農薬の名前は、「アクタラ水和剤」なんだけど、これは良く効く農薬です。多くの害虫、、、他の天敵も駆除してしまうのですが、みかん園の中だけですからこの「アクタラ水和剤」で、徹底的に害虫をこの段階で叩きます。

今、個人的に環境に考慮した栽培を実験しているのですが、自然界において一歩檜引くことは、大変なことなんです。

みかんが、真っ黒焦げの姿になったりするんです。次回、みかんの「黒点病」に付いてお話をします。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-21 14:59

三ケ日みかんの病気について

b0097365_21502378.jpg

浜名湖の空も、今日は、爽やかな青空が広がりました。

三ケ日みかんも、その栽培も後半に入り、9月の消毒の時期になりました。

三ケ日町内は、一斉に合同防除をしています。

温暖な三ケ日町には、厄介なスリップスがいて、秋になるとみかんのオヘソの辺をかじってみかんの商品価値を落とします。

それと、「みかんの黒点病」が出ます。

後期感染は、果実自体に全面的に黒いゴマ点が付きます。

どれも、この時期に防除をしないと、収穫の時に必ず被害が出ます。

こんな暑い日に、ゴム合羽を着て消毒は、きついですよ。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-20 21:57

9月、静岡県浜松市三ケ日町のみかん畑の、「今」。

b0097365_2165492.jpg

静岡県浜松市三ケ日町のみかん畑です。

8月が過ぎ、残暑が厳しかったけど9月になり少しずつ「秋」が近寄っている様な日々が続いています。

今年の三ケ日みかんは、平年に較べて10程生育が遅れている様な気がします。

写真でもお分かりだと思いますが、みかんのサイズが小玉傾向です。

まあ、その方がみかんは「美味しいみかん」になるのですが。

ここ、外には9月の雨が降っています。

この長雨で、このみかんの果実のサイズがどれだけ伸びるかが、今後の注目でしょうか。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-09-12 21:14