春のみかん

みかん園も4月半ばに入り、春の農作業が一段と忙しくなっています。

とりあえず有機肥料は、みかん園全体に施肥したので、後は除草剤を散布するだけです。本当は、除草剤を先に散布する方が良いのですが、今年は、みかんの苗を植える方に時間を取られてしまったので、こんご散布する予定です。

で、この除草剤なんですが、その名前からかイメージが悪く、なんでもかんでも除草剤は、良く無いと思っている人がいますけど、使い方でしょうか。

みかんの場合は、これを使わないとみかん栽培は出来ないと言っても過言でないでしょう。一年を通して実験したことが多々あるのですが、どうしても雑草に肥料を吸われてみかんの樹体が衰弱してしまいます。

みかんの木の根は、そのほとんどが表層に分布していますので、もろ雑草と競合してしまい、大量の肥料を必要とするみかんに取って致命的な存在になります。

これを、草刈り機で、そのつど短く押さえるなんて、とても一年を通して、、、無理でした。

理想は、高くても、、、ですから、除草剤をよく使用方法を考慮して使えば、みかんにとっても環境にとっても、すぐれた農薬だと思います。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2007-04-20 11:10
<< 五月の三ヶ日みかん 春先のみかん園 >>