有機農薬「ボルドー液」の作り方

b0097365_236544.jpg

前回の有機農薬「ボルドー液」の続きを、、、

ボルドー液のために溶かした「生石灰」をタンクに入れます。

この時、一番注意することは、確実に「生石灰」を溶かし切っている事です。

よく、私も失敗しているのですが、最初水に溶かす時に水の水量を間違っていた場合に、水が少なすぎてカラカラに石灰がなってしまう事や、逆に水が多すぎて、、、こちらの方が問題で、十分な熱が発しせずにカルシウムの粒が大きくなってしまうことです。このままタンクに溶かしても、すぐに水の底に沈む「失敗のボルドー液」になってしまい、散布する時でも「水管」に詰まってしまって、散布する水量が減るし農薬の濃度も均一差を確保出来ません。

この、最初に溶かす「時」が一番大切な作業ですから、慎重に。

後は、タンクの水にまず溶かしたカルシウムを入れるだけです。

では、次回。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-07-17 23:20
<< 三ケ日みかんの里で 有機農薬の「ボルドー液」の作り方 >>