梅雨の中での、みかん園の除草作業

b0097365_21144420.jpg

みかん園で使う除草剤です。

その日に散布すれば、翌日には綺麗に草は枯れます。

この梅雨時の草生は、土壌保護の役目を果たしていますが、このような傾斜の緩やかなみかん園では、その危険性はありません。

これからの時期は、みかんの果実肥大が盛んになるために、土壌の中での肥料を共に奪い合う競合が起こるのを防ぐためです。

降って来る雨の直撃を防げば、あまり土壌は流れません。

適度に草生をしながら、そして除草するのが、現段階では一番いいように思えます。
[PR]
by mikkabi_mikan | 2006-07-05 21:23
<< 三ケ日 みかんの産地での「除草... 三ケ日みかんの一斉農薬防除 >>